自分が結婚式する時は、こんなの嫌だと思う瞬間とは?

結婚式は新婦の為にあるのか?

新郎新婦が主役ですが、結婚式を通じて全体的には新婦の方が上のように感じます。ウェディングドレスを着ている以上、そっちに出席者だけでなく、新郎も見惚れてしまう恐れがあります。結婚式は出席者を喜ばせて帰っていただきます。なぜならば、出席者からお祝儀を頂きますが、新郎新婦はそれを結婚式費用として利用できるので、その分をお返しないといけませんよね。ウェディングドレスが一番結婚式の中でお金を使っています。何回お色直しするかで金額も変わります。

新郎新婦だけでない、両親も一言を言わせて!

新婦のお色直しの間、出席者にとっては退屈な時間かもしれないでしょう。そうならないように、結婚式場のスタッフは事前に新郎新婦と相談して楽しませます。お祝儀を沢山払っているので、何もなくては失礼に当たります。当然ですが、新郎新婦だけが神経を使っている訳ではないでしょう。両親も今後の親戚付き合いを考えて、祝儀に相応しい引き出物を考えますよね。新郎新婦だけで考えるのもいいですが、やはり両親も多少意見を言ってもいいでしょう。

結婚式はエンディングが大事?

結婚式はあっという間に終わりますが、それまではたっぷりと演出を考えましょう。面白い、面白くない関係なく出席者をタダで返すわけにはいかないので、新郎新婦はしっかりと式場と打ち合わせして盛り上げます。新郎新婦にとっては、両親への感謝と出席者への感謝のメッセージが最高のエンディングになるでしょう。それでも出演者にとってはあくまでもお祝いのためなので、あまり気を使わないでという人もいますよね。新郎の挨拶の方がエンディングに相応しい締め括りですから、噛まないようにしましょう。

福岡の結婚式場沢山あるなかで、どうやって選べばいいのか。二人の思い出に残るロケーションや費用の安さ等、またゲストの事を考え交通に便利さや料理の美味しさなどあります。後悔のないように選びたいものです。