どんな言葉を入れるの?結婚指輪に刻印するメッセージ

結婚指輪の刻印の定番はイニシャル

結婚指輪を自分たちだけの絆の証とするために、指輪の表面、もしくは裏面に刻印を施すことがあります。しかし、どのようなメッセージを刻印すれば良いのか、実際に結婚指輪を注文する際に悩んでしまうものです。双方のイニシャルを彫るのが一番の定番とされています。例えば「○○ to ××」や「○○&××」のように刻印したり、これに結婚記念日を合わせて彫りこんだりします。結婚指輪はほとんどが既製品であることが多いのですが、このようにイニシャルを彫るだけで、ぐっと愛着が湧くようになるので不思議ですね。

もっとメッセージ性の強い言葉を彫りこむ

イニシャル以外では、LOVEやFOREVER、HAPPYといった幸せを連想するメッセージ性の強い言葉を彫りこむのも定番と言えます。また、こうした単語を組み合わせて文章にしたり、相手の素晴らしさを形容する表現を彫る場合もあります。さらに結婚指輪の希少性と愛着を喚起させるために、英語以外の言葉を用いることもあります。フランス語やイタリア語などがよく使われますが、意外に多いのがスペイン語です。情熱の国の面目躍如といったところでしょうか。

結婚指輪にメッセージを刻印する際の注意点

一方で、結婚指輪にメッセージを刻印する際には注意しなければならない点があります。まず、指輪の素材やあしらう宝石の大きさなどによって刻印できる文字数に制限があったり、場合によっては刻印そのものができない場合があります。メッセージを刻印したい場合は、指輪を選ぶ際に刻印できる物を選ばなければなりません。また、最近ではあまり見かけなくなりましたが、結婚指輪にメッセージを刻印するサービスが無い販売店もあります。これについても、しっかりと刻印が可能かどうかを確認するようにしましょう。

エンゲージリングとは、男性がプロポーズの時に女性に渡す指輪のことです。マリッジリングよりも装飾が派手なことが多いです。